_人人人人人人人人人人人人人_

>  期間工緊急事態宣言! 

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

↓↓現在募集中の期間工はコチラ↓↓

期間工から正社員になるために意識しておきたいポイントを解説しています

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

正社員になった期間工の男女

 

期間工は短期の契約社員です。
そのほとんどが契約時に2年〜4年11ヶ月などの期間を定められている場合が多く、基本的には契約期間が来るとそのまま満了します。

 

ですが、一部の期間工の方はそのまま正社員として雇用してもらえることがあります。
どのようなケースで期間工から正社員になれるのでしょうか。

そもそも期間工から正社員になれるのか

スーツを着た男子

 

結論から言うと、期間工から正社員になることは可能です。
実際に世の中には期間工から正社員になっている方も多くいらっしゃいます。

 

そもそも期間工は、3か月更新の最長3年など決まった期間で雇用の契約を結ぶ契約社員です。
会社としては忙しいシーズンなど一時的に人手が欲しい場合などに募集を行う場合が多く、また契約期間が満了すればそのまま契約終了というケースがほとんどです。

 

会社側から見ると、正社員は常に一定の人件費が発生し、それは会社が忙しくても暇でも一定金額を支払う必要がありますが、契約社員は忙しい時だけ、必要な分だけ人員を集め、必要無くなれば契約終了と出来るため、期間工の方が扱いやすいのは事実です。
しかし、そんな中でも実際に正社員になっている方も多くおられます。

 

期間工から正社員になるためのポイントは

ワンポイントアドバイス女子

 

期間工から正社員になる人は、当然仕事に対して真面目で、スキルや意識が高いような人が多く選ばれています。

 

会社としては契約期間が来ればすぐに切ることの出来る期間工は、派遣社員のような感じで扱いやすいのは事実で、出来るだけ正社員を増やしたくないというのが本音です。
しかしその中でも正社員として採用される人というのは、会社として「手放すには惜しい」と思うような人材であるという事です。

 

それはどのような人材かというと、仕事が出来るのは当然として、ポイントとしては、

  • 無断欠勤などがなく仕事に対し誠実であること
  • 職場の人間関係を乱すような人ではないこと
  • 仕事に対し前向きであること

などが挙げられます。
中卒で正社員になった方もいますので、学歴も一切関係ないです

 

実はこれらのポイントは決して特別なことではなく、社会人として当然のことばかりで、そこまでハードルの高いことではありません。
しかし、これらの当たり前のことが出来ない人も多くおられるのが実態で、私が以前期間工として勤務していた職場でもそのような方がおられました。

 

現在は期間工だけど将来は正社員になりたいと思われている方は、社会人として当たり前のことを当たり前にしていれば、誰しもチャンスはありますので、これらのポイントを意識しながら仕事に取り組んでみてください。

 

ちなみに、管理人が働いていたトヨタ車体でも期間工から正社員になった方がいました。

・期間工を2年11ヶ月満了→契約社員(準社員)として1年→社員登用試験→正社員

普通は期間工在籍中に試験を受けて正社員という流れが多いですが、トヨタ車体で正社員になった方は2年11ヶ月満了のときに契約社員(準社員)になってこのまま続けないかと誘われたそうです。

 

その人は満了で辞めるつもりでしたが、次が決まっていなかったので、とりあえず続けることにしました。
そして、1年後くらいに上司の推薦で正社員登用試験を受けて合格、晴れて正社員になったということです。

 

その人が正社員になったときの年齢は30代前半、口数が少なくモクモクと作業をこなすタイプでした。
このように、マジメに仕事をしていれば、正社員に誘われることもあります。
正社員を目指すなら、欠勤・遅刻・早退をなるべく少なくして、マジメに仕事に取り組みましょう。

 

正社員を目指すならトヨタ自動車かアイシンAW、スバル、ホンダ、三菱自動車がオススメ

・トヨタ自動車→2015~2017年の3年で1,080名

・アイシンAW→2018年度正社員登用計画750名
・スバル→年間100名以上
・ホンダ→年間150名以上
・三菱自動車→40代で採用実績あり

期間工から正社員になった人の人数は、トヨタ自動車が年間300名以上、アイシンAWは200~600名(2018年は750名を予定)で、他メーカーと比べると多いです。

 

ですから、正社員を目指すならトヨタ自動車かアイシンAWがオススメですが、順番的には「正社員になりたいからトヨタ」ではなく「トヨタの居心地が良いから正社員になりたい」が基本だと思います

 

また、コチラの記事(→【レオパレス×期間工】ニートでも大丈夫!楽な期間工)で紹介している部品系メーカー(村田製作所以外)は採用数こそ数十名ほどと少ないものの採用率は高いです。
検討してみてもいいと思います。

 

ただ、正社員ありきで応募するのはあまりオススメしません
実際、正社員になりたいといって期間工になった人は、「仕事のきつさ」や「職場の雰囲気」が合わなかったり、「意外と正社員は狭き門」だと悟ったりして、辞めていく人が多いです。
あくまで、「実際に働いてみて自分に合っていたら正社員を目指す」のが基本になります。

 

3年で1,080名!→トヨタ自動車
2018年は750名!→アイシンAW募集サイト
その他、詳しいメーカー紹介はコチラ→期間工メーカー別待遇まとめ

 このエントリーをはてなブックマークに追加