ブラック企業で働くくらいなら期間工で働け!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

こんにちは。
管理人のトナカイです。

 

あなたは”ブラック企業”って知ってますか?
まぁ知ってますよね。

 

じゃあブラック企業で働いたことはありますか?
もしかして、今まさに働いている?

 

だったら、時間の無駄なので、身体やココロを壊す前にサッサとヤメてしまいましょう。

 

でも、それだとお金がない…という方には、期間工がオススメです!

管理人のブラック企業体験談

急に怒り出す上司

 

管理人は職を転々としてきたので、ブラック企業で働いたことは何度もあります。
給料未払いも経験してますし、サービス残業が常態化している会社で働いたこともあります。

 

そのなかで、今回は期間工に行くキッカケになった職場での体験をお話します。

チェックボックスパワハラ・セクハラなどハラスメントが横行

チェックボックスサービス残業・長時間労働
チェックボックス薄給

ブラック企業は上記のような特徴がありますが、私が働いていた職場は「サビ残+給料が安い」が当てはまります。

 

その職場はタイムカードがなかったので、勤務時間や残業時間はすべて手書きでした。
それも、上司のハンコがいるんですよね。

 

「今日、何時間残業付けていいですか?」(3時間残業してる)
「1時間にしといて」

 

こんな感じです。
2時間サービス。

 

でも、当時働いていたときは、「1時間ラッキー。」みたいに思ってました。
洗脳されてくるんですよね。

 

サービス残業が普通だから、「残業付けていいんだ。やったね。」みたいな。
おかしいですよね。

 

まぁおかしいなと気づいたというか、給料安すぎたからヤメたんですけど。

 

お金もたまらないですし、精神も消耗しますし、早いとこヤメたほうがいいですよ。

 

期間工は金が貯まる!

たくさんの金貨

 

ブラック企業っていうのは、要するに法律を違反している会社です。
残業代を払わないとか、セクハラ・パワハラとか、明らかに犯罪ですよ。

 

その点、期間工はホワイトです
きついからブラックって勘違いしている人もいますけど、働いた分キッチリ給料は払われます。

 

満了金とか手当が多い上に、寮費が無料なので、ガンガンお金が貯まります。

 

マジで、ブラック企業で長時間労働してるのに、生活費カツカツで暮らしていた頃が、バカらしくなるくらいに稼げます。

 

スキルが身につかないのが欠点ですけど、それは期間工が終わったあと身につけましょう。
短期でガッツリ貯金して、留学とか資格を取るとか、好きなことをすればいいと思います。

 

ホント、ブラック企業で貴重な人生の時間を消耗するのはもったいないですよ。

 

期間工にブラック企業経験者は多い

ブラック企業戦士

 

期間工に偏見を持っている人は、どこにも雇ってもらえない学歴も職歴も脳みそもないような人が、期間工に堕ちてくるみたいに思っているかも知れません。

 

でも、そんなことないです。

 

メーカーや配属先によってもガラッと変わるかもしれませんけど、目標を持って期間工の道を選んだ普通の人もたくさんいます。

 

そして、ブラック営業とか飲食店の雇われ店長とか、サービス残業+薄給のブラック企業に疲れて、期間工を選ぶ人も少なくないです。

 

「働いた分、お金がもらえる」
「残業時間のめどがつく」(どんなに長くても2hとか3hで帰れる)

 

ブラック企業経験者は、こんな当たり前のことで喜んでました。

 

あなたが今、ブラック企業で働いているのかどうかわかりませんが、上記の2つを見て「いいなぁ」と思ったら、期間工で働くべきかもしれませんよ。

 

オススメはコチラ→【2020年新春更新!】おすすめ期間工ランキング
人気の寮についての記事です→期間工の寮まとめ【個室寮・ワンルーム・レオパレスなど】

 

期間工の選び方はトップページを参考にしてみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加