_人人人人人人人人人人人人人_

>  期間工緊急事態宣言! 

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

↓↓現在募集中の期間工はコチラ↓↓

当サイトが「期間工.jp」(アウトソーシング)をオススメしている理由とは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

当サイトでは基本的には、アウトソーシングが運営する「期間工.jp」経由で期間工に応募するのをオススメしています。
それは、期間工を紹介している派遣会社がありすぎるので、調べるだけで時間を無駄にしてしまう可能性があるためです。

 

待遇の差を調べるのに長時間使うくらいなら、ハズレの少ない「期間工.jp」に絞ってサッサと応募して働いたほうが効率がいいと思っています。
どのみち、じっくり選んだところで配属先は運次第になるので、早めに応募したほうがいいです。

 

しかし、「え?なんでアウトソーシングなの?」という人もいるかもしれないので、アウトソーシングをオススメする理由を説明したいと思います。

 

そして、それでも納得がいかない方のために、アウトソーシング以外にチェックしておくべき派遣会社についても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトが「期間工.jp」(アウトソーシング)をオススメしている理由

そもそも応募する派遣会社によって何が違うのか?

まず前提として、派遣会社によって何が違うのかというと「入社祝い金」と「紹介できるメーカーの数」です。
直接雇用で働く場合は、これがすべてといっていいでしょう。(応募する派遣会社によって工程が違うとか寮が違うとかは当てにしなくていいです)

 

「直接応募と派遣会社経由」、「直接雇用と派遣社員」の違いがよく分かっていない方は、下記の記事を参考にしてみてください。
【期間工】直接雇用か派遣か?ついに結論が出ました

 

また、派遣会社による入社祝い金の違いについてはコチラが参考になります。→人気期間工メーカーの入社祝い金を派遣会社ごとに比較してみた

 

それで、なぜ当サイトが「期間工.jp」をオススメしているかというと、もうわかりますね?
「入社祝い金」が1番高いメーカーが多く、「紹介できるメーカーの数」も多いのが「期間工.jp」だからです。

「期間工.jp」を見て好きなメーカーに応募しておけば、他の派遣会社から応募するより入社祝い金が高いし、もし不合格だったり、どこにするか迷っていても他のメーカーを紹介してもらいやすい

ということになります。

 

管理人の苦い経験

管理人の期間工経験は「村田製作所=アウトソーシング」→「トヨタ車体=日総工産」→「日産自動車九州=アウトソーシング」なんですが、トヨタ車体を選んだのが苦い経験になっています。

 

なぜかというと、もともとトヨタ車体で働くつもりがなかったからです。
実は、「関東で働ける!」「3ヶ月で122万円以上!」「寮がレオパレス!」みたいなネットの情報を見て、ウッキウキで日総工産の「いすゞ自動車」の募集に応募したんです。

 

今思うと、そこでなぜ日総工産にしたのかわからないですけど、とにかく「いすゞ自動車」は不合格でした。
そこで落ち込んでいる管理人に日総工産の方が言ったのは、
「トヨタ車体行ってみない?いすゞ自動車と似たような待遇だよ」
「ウソつけよ。」
と、今では思いますが、当時は「あー、たしかにー」みたいに思った記憶があります。
なにより、寮が借り上げアパート、つまり風呂・トイレが各部屋に付いている普通のワンルーム寮というのが決め手になりました。

 

結果的にその後6ヶ月働いて満了したので、苦い経験というほどのこともないんですが、例えばアウトソーシングとか期間工に強いメーカーなら、いすゞ自動車を落ちた段階で別の選択肢もあったんじゃないかなと思います。
日野とか。(今は違うかも…→アウトソーシングから期間工に応募したらPEOを勧められた時の原因と対策)

 

別にトヨタ車体がダメだったというわけではないですが、待遇的にはやっぱり落ちますよね。

・時給1,400円、満了金6万円/3ヶ月、寮費3ヶ月無料、以降2万円

当時のトヨタ車体は、こんな感じの条件でしたから。(今はもう少し良くなっています→【派遣がいいかも?】トヨタ車体期間工の給料や寮などの待遇まとめ)
残業がかなり多かったので、手取り25万円を切ることはなかったですが、他メーカーだったらもっと稼げてたんじゃないかなと思ったりします。

 

というわけで、みなさんはそういう失敗をしないように「期間工.jp」から応募するようにしてください。
期間工案件に強い派遣会社から応募するようにしましょう!

 

待遇別の期間工探しはコチラ!→期間工比較ランキング

 

期間工.jp公式サイト
 このエントリーをはてなブックマークに追加