トヨタの期間工が地獄だったのは昔の話です

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「トヨタ 期間工 地獄」で検索する方が結構いるようなので書いておきますが、「安心してください」トヨタ期間工が地獄だったのは過去の話です。

 

「じゃあ今は天国か?」というとそんなことはなくて、まぁしいて言うなら「家に帰れる刑務所」でしょうか。
地獄から現世に戻ってきましたね。
よかったよかった。

 

…よくないか。

 

でも、当時は時期によってはゼロだった入社祝い金も30万円(アウトソーシング経由)にアップしていますし、寮の環境も良くなってきています。

 

そもそも、「トヨタの期間工が地獄」って言われていたのは、「仕事のきつさ」と「タコ部屋」のダブルパンチがあったからこそだったのではないでしょうか。

 

工場ではきつい仕事、寮では隣の部屋から同僚の息遣い、心もカラダも芯から休まることがない。
それこそが「トヨタ期間工が地獄」と言われていたゆえん。

 

そして、その一翼を担っていたのが2013年に取り壊された、伝説といわれる「田中和風寮」でしょう。

トヨタ田中和風寮トヨタ田中和風寮間取り

「伝説の田中和風寮」画像参照:真・世紀末期間工伝説 斗与太の件

左の写真の奥のふすまを開けた先は押入れではなく、隣の部屋です。

 

ふすまで仕切られた部屋に3人が同居。
デンソーよろしく「南京錠」でカギが掛かっているとはいえ、隣に人がいたら気配でわかるくらいの距離感だと思います。

 

きつい仕事から帰ってきて、3人がふすまで仕切られた和室の部屋でゆっくり休むことができたのだろうか。
いや、できない。

 

これが地獄ですよ。
それに比べたら今なんて刑務所どころか天国ですよ。

 

まあ、当時のこと知らないんですけど。

 

でも、あながち間違ってない気がします。
だから、あんまり地獄・地獄って恐れなくていいのかなと。
昔の話ですからね。

 

今は相部屋といっても、結構キレイですからね。
参考→期間工の寮まとめ【個室寮・ワンルーム・レオパレスなど】

 

たしかに、トヨタ自動車は期間工の中でも結構きつめとは言われていますけど、初回3ヶ月契約だし大丈夫でしょう。
きつけりゃ入社祝い金もらって3ヶ月で辞めたらいいんですから。

 

そんな感じです。

 

まぁ別に今はトヨタ自動車にこだわらずとも、各メーカーの待遇が上がってきているので、自分に合ったメーカーで働くのがいいと思います。

 

当サイトでも色々な特徴別のランキングだったり(→期間工比較ランキング)、メーカーごとの待遇だったり(→期間工メーカー別待遇まとめ)を紹介しているので、参考にしてみてください。

 

ちなみに、トヨタ自動車の待遇はコチラ→【入社祝い金40万円】トヨタ自動車期間工の給料や寮など待遇まとめ
トヨタがきつそうな方にはマツダあたりがオススメですかね。
人気もあります。→【2019年も人気No1!】マツダ期間工の給料や寮などの待遇をまとめました

 

それでは快適な期間工ライフを。

 このエントリーをはてなブックマークに追加